Blog&column
ブログ・コラム

パニック発作が起こった時の対処法について

query_builder 2022/07/01
コラム
43
パニック発作は、いつ何時起きるかわからない精神疾患です。
看護中や介護中に、利用者様がパニック発作を起こしたらどのように対処するのが正しいのでしょうか?
パニック発作が起こった場合の対処法をご紹介していきます。

▼パニック発作が起こった時の対処法
パニック発作は、めまいやふらつきなどの軽い症状や、死ぬかもしれないと思うほど息苦しく症状までさまざまです。
発作の時間は10分ほどですが、少しでも早く利用者様の苦しみや辛さを軽減・解消させたいですよね。
正しい対処法を見ていきましょう。

■寄り添う
パニック発作を起こした本人は、激しい目眩と息苦しさ・恐怖でいっぱいの状態です。
・身を寄せて手を握る
・背中をさする
などで、不安を軽減し安心感を与えてあげましょう。

■声かけ
パニック発作は短時間ではあるものの、発作を起こした本人は苦しさでそれどころではありません。
「大丈夫」「すぐに落ちつくよ」と相手を安心させてあげられる言葉をかけましょう。
適切な声かけをすることで、本人の意識を変えることができるため発作を落ち着かせることに結びつきます。

■深呼吸を促す
パニック発作は呼吸が浅く、酸素と体のバランスが崩れた状態にあります。
「深く吸って、吐いて」など深呼吸を促し、呼吸を整えて、酸素の供給を安定させましょう。
5秒吸って5秒吐く呼吸法が効果的です。

■意識を他に促す
身の回りにあるものに意識を向けさせる対処法です。
物や手、身の回りを指し、意図的に意識をそらします。
今ある辛さを、他に向けさせることで、呼吸の苦しさを軽減することができます。

▼まとめ
パニック発作の対処法をご紹介しました。
今回ご紹介した方法でも、効果のほどは人それぞれです。
病気の正しい知識や利用者様の特徴を考慮し、適切な対処で苦しみを取り除くサポートを提供しましょう。

NEW

  • 悪天候な埼玉

    query_builder 2022/06/06
  • query_builder 2022/05/18
  • GWは休まず営業

    query_builder 2022/04/26
  • 今日は節分です

    query_builder 2022/02/03
  • 新年 あけましておめでとうございます

    query_builder 2022/01/04

CATEGORY

ARCHIVE